トルコツアー 4日目 ギュッルオール訪問

トルコツアー4日目はギュルオール社(英語のサイトです)を訪問いたしました。
ギュッルオールはトルコで一番有名なバクラワの会社です。

d0291764_054168.jpg


バクラワは夜に製造するらしく、今回はロクムの製造工程をのぞかせて頂きました。
普段は中々入ることが出来ない工場見学です。
d0291764_0551918.jpg


ロクムの材料を大なべで煮詰めているところです。
d0291764_056670.jpg


煮詰め終わりましたら、コーンスターチをたっぷり敷き詰めた箱に移します。
ロクムに含まれる砂糖は約70%だそうです。だから甘いんですね。
d0291764_058798.jpg


冷ましたロクムはこうやって一つ一つ加工されていきます。
これは真ん中にナッツを入れたタイプのロクムを作っています。
d0291764_102521.jpg
d0291764_104433.jpg


これはナッツ入りのロクムをキューブ型に切っていく機械。
右側の刃の部分で切って、左側のパーツで切り口を上にします。
切り口同士がくっつかないように配慮されています。
d0291764_123255.jpg

d0291764_125540.jpg

d0291764_131159.jpg


色々な種類のロクムがあります。
沢山味見させて頂きました。
d0291764_126439.jpg


見学の後は、バクラワの味見。
出来たてのバクラワは新鮮なバターの味がして非常に美味しいです。
d0291764_15824.jpg


売り場です。後ろにはバクラワ1kgあたり幾らかの金額が書いてあります。
中身がピスタチオ・くるみ・ヘーゼルナッツなどによって値段が変わります。
d0291764_1152599.jpg


トルコのスイーツは日本人の感覚からすると、
初めて食べる方にとっては非常に甘く感じるかもしれません。
でも慣れてくるとこの甘さが病み付きになってくるのです。
甘いのだけど、後を引く。。。 そんなスイーツです。

ちなみに、トルコ料理は日本料理と違い
料理に砂糖やみりんなどの甘味料をほとんど使いません。
使うとしたら、砂糖を隠し味でほんの一つまみ程度です。
ですのでデザートに使う砂糖の量が多いのかもしれません。
料理・お菓子全体でみれば、トルコも日本も使っている砂糖の量は同じくらいになります。

逆にトルコから来たばかりのトルコ人が日本料理を食べると、甘くて驚くそうです。

所変われば料理も変わりますね。
こういった違いを発見できるのも海外旅行の面白いところです。




新宿トルコ文化センター  http://www.turkeycenter.co.jp/
a0134268_2363247.gif

[PR]
by torukoryouri | 2013-06-13 01:12 | イベント


新宿トルコ文化センターのトルコ料理教室です!


by torukoryouri

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

画像一覧

ブログジャンル

検索