トルココーヒー Türk Kahvesi

Merhaba!

トルコ文化センター料理教室です。

今回は「トルココーヒー」のご紹介です。

d0291764_0525183.jpg


トルコでトルココーヒーは非常に長い歴史を持っています。
オスマン帝国時代にイエメンからスルタンに献上されたのが始まりで
世界で初めてカフェができたのもイスタンブールと言われています。
そしてオスマン帝国から世界へとコーヒー文化が広がりました。

トルココーヒーは、エスプレッソの原型のようなもので、
非常に細かく挽いたコーヒー豆をジェズベという小さな鍋に入れ、
砂糖とお水を足して火にかけます。(最初から砂糖を入れます)
沸騰したところでカップに移すのですが、
このとき水面にクリーミーな泡が立っていると美味しいとされています。

d0291764_0533370.jpg


上の写真はイスタンブールのブルーモスクの正面にある
トルコイスラーム芸術美術館の中にあるカフェでの写真です。
ここでは毎回コーヒーを伝統的な方法で淹れてくれます。
サービスされるトレーもとっても素敵です。

d0291764_0561575.jpg


トルコにはコーヒーにまつわる有名なことわざがあります。
「1杯のコーヒーにも40年の思い出」
トルコで40という数字は沢山という意味にもなります。
このことわざは、一杯のコーヒーのおもてなしも、長いあいだ思い出として残るという意味で
人にはたくさん親切にしましょうという意味合いも込められています。

また、トルココーヒーは結婚適齢期の男性の一つのイベントの要素でもあります。
トルコでは結婚したい女性の家に男性が両親と共に正式に訪問する日があります。
この日を「kız isteme」といいます。日本でいうご両親へのあいさつといったところでしょうか。
このとき、お嫁さん候補の女の子は、皆さんにトルココーヒーを作ります。
なぜならトルココーヒーを上手に作れるのは良いお嫁さんになるといわれているからです。
さて、ここで女の子は少しいたずらをします。お婿さん候補の彼のコーヒーだけに塩を入れるのです。
塩入コーヒーを彼は口にしますが、その日は一大イベントですので、
緊張していますし、コーヒーを吐き出すことも文句も言えません。最後まで頑張って飲み干します。
女の子はそんな彼を見て、結婚できる人か男の度量を見極めるのです。


さて、トルコで有名なトルココーヒーのお店は、エジプシャンバザールの横にある
メフメットエフェンディというコーヒー屋さんです。
エジプシャンバザールのメインゲートをくぐり、奥までまっすぐ進むと
コーヒーの香りがしてきます。突き当りを右に出ると、すぐ目の前がお店です。
ここでは挽きたてのコーヒーをその場で販売しており、
常時コーヒー豆を買い求めるトルコ人で行列ができています。
少量からでも購入可能です。

カフェは併設されてませんので、その場では飲めませんが
周辺は香ばしいコーヒーの香であふれています。

イスタンブールに訪れた際は、是非トルココーヒーを飲んでくださいね^^



新宿トルコ文化センター  http://www.turkeycenter.co.jp/
a0134268_2363247.gif

[PR]
by torukoryouri | 2013-02-27 00:49 | トルコにおけるトルコ料理


新宿トルコ文化センターのトルコ料理教室です!


by torukoryouri

プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

画像一覧

ブログジャンル

検索